ホテル雅叙園東京『千年雛めぐり ~平安から現代へ受け継ぐ想い~ 百段雛まつり2024』

千年雛めぐり

2024年1月20日(土)〜3月10日(日)、東京都目黒区のホテル雅叙園東京で『千年雛めぐり ~平安から現代へ受け継ぐ想い~ 百段雛まつり2024』を開催。都内最大級の雛まつり展で、東京都の有形文化財に指定される「百段階段」が会場という風雅なイベントです。

『いいづか雛のまつり』の座敷雛も飾られる

千年雛めぐり

過去の展示の中でも圧倒的なスケールで人気を集めた福岡県飯塚市の座敷雛をはじめ、江戸時代の享保雛や古今雛など歴史ある雛人形、日本各地の素朴な雛人形、現代作家の創作雛、さらには極小雛道具までを展示。

とくに注目は座敷雛。
福岡県飯塚市で毎年行なわれる『いいづか雛のまつり』の主会場・旧伊藤伝右衛門邸の座敷に飾られる「座敷雛」が漁樵の間に所狭しと並びます。

雛人形の歴史は、平安時代、宮中で形代(かたしろ)や人形(ひとがた)を作り、身体をなでたり、息を吹きかけ、身の穢れや災いを移し、川などに流したことが始まり。
『千年雛めぐり』という名は、雛人形が生まれた平安時代から現代まで1000年にも及ぶ歴史、想いを雛御殿とも呼べるような「百段階段」で体感できることを表現しています。

当日券のほか、お得な前売り券(公式オンラインチケット)も用意。
また、チケットと中国料理「旬遊紀」、日本料理「渡風亭」、RISTORANTE “CANOVIANO”、New American Grill “KANADE TERRACE”(ブッフェ)、CANOVIANO CAFE(パスタセット)での食事がセットになったランチセットプランもあり、入場券は各レストランで配布されています。

千年雛めぐり
ホテル雅叙園東京『千年雛めぐり ~平安から現代へ受け継ぐ想い~ 百段雛まつり2024』
開催日時 2024年1月20日(土)〜3月10日(日)、見学は11:00~18:00(最終入館 17:30)
所在地 東京都目黒区下目黒1-8-1
場所 ホテル雅叙園東京
関連HP ホテル雅叙園東京公式ホームページ
電車・バスで JR・東急・東京メトロ・都営地下鉄目黒駅から徒歩3分
ドライブで 首都高速2号線目黒ランプから約1km
駐車場 地下1・2階駐車場(160台/有料、割引サービスあり)
問い合わせ ホテル雅叙園東京 TEL:03-3491-4111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
千年雛めぐり

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!