小山田緑地

小山田緑地

東京都町田市にある都立公園が小山田緑地(おやまだりょくち)。多摩ニュータウン南側にある標高100m内外の丘陵地で、開園しているのは計画面積146haの一部、44ha。コナラ、クヌギ、シラカシ茂る雑木林、草地の広場、運動広場湧水で生まれたが水源のトンボ池、アサザ池など、豊かな自然が残されています。

本園のみはらし広場は、「関東の富士見百景」に選定

44haという広大な公園は、遊具広場、みはらし広場があり、サービスセンターが建つ「本園」、アサザ池があり、つり橋や杉木立の散策路が続く「梅木窪分園」、梅木窪分園の西、湧き水を利用したトンボ池がある「大久保分園」、そして北に少し離れた「山中分園」の4つの園に分かれていて、それぞれが独立しているので注意が必要。

本園あるに上池、下池、ため池は谷戸(やと=丘陵が浸食された谷)が雨水と湧水を集めた池となったもの。
駐車場は本園に第1(本園東側)、第2本園東側北側)の2ヶ所用意されています。


公園の南部、みはらし広場は、丘陵の西端の高台で、富士山、丹沢山系から多摩丘陵の山並みの眺望するビューポイントで、関東の富士見百景(国土交通省関東地方整備局)にも選定。
快晴なら、例年11月7日~8日、2月3日~4日に富士山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士が期待できます。

運動広場は「馬場窪」とも呼ばれ、平安時代〜鎌倉時代て、小山田荘(荘園)所有の馬牧(馬を放牧する牧場)だった地とされ、そのまま遺構が広場として保存。

町田市のフットパス「図師から小山田桜台コース」(日影橋バス停〜日大三高前〜都立小山田緑地〜大賀ハス田〜大泉寺〜小山田1号遺跡〜養樹院〜小山田バス停/7.2km)のコース途中にもなっていて、ピクニック気分で散策を楽しむことができます。

小山田緑地
名称 小山田緑地/おやまだりょくち
所在地 東京都町田市下小山田町・上小山田町
関連HP 東京都公園協会公式ホームページ
電車・バスで 京王・小田急・多摩モノレール多摩センター駅から京王バス日大三高行きで扇橋下車、徒歩12分
駐車場 65台/無料
問い合わせ 小山田緑地サービスセンター TEL:042-797-8968
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東京でダイヤモンド富士

11月〜2月は、東京でダイヤモンド富士 眺望23スポット紹介

富士山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士。東京は11月〜2月にチャンスがやってきます。高尾山山頂などは冬至前後の年1回ですが、それ以外のエリアは太陽の動きに伴って、冬至前、冬至後の2回チャンスが訪れます。うるう年など、年によって多少のズレがある

小山田緑地

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!