大石良雄外十六人忠烈の跡

大石良雄外十六人忠烈の跡

東京都港区高輪1丁目、都営高輪アパート内にあるのが、大石良雄外十六人忠烈の跡(おおいしよしおほかじゅうろくにんちゅうれつのあと)。港区高輪地区総合支所、港区立高松中学校一帯は、熊本藩細川家下屋敷跡で、吉良邸討ち入り事件を起こした赤穂浪士16人が切腹した場所です。

大石内蔵助ら17人の赤穂浪士が自刃した熊本藩下屋敷の跡

旧細川邸のシイ

元禄14年(1701年)の江戸城松之廊下の刃傷事件に端を発し、吉良邸の討ち入りという大事件に発展した赤穂事件の際、大石内蔵助(おおいしくらのすけ=大石良雄)ら17名は幕府の命により細川家に預けられ、細川家では高輪にあった下屋敷で保護していました。
同様に三田の伊予松山藩屋敷(現・三田2丁目、イタリア大使館)には大石主税(おおいしちから=大石良金)ら10名、三河岡崎藩芝中屋敷(現・芝5丁目)には間光興(はざまみつおき)ら9名、そして長門長府藩麻布上屋敷(現・六本木6丁目、六本木ヒルズ内の毛利庭園一帯)には岡島常樹 (おかじまつねしげ)ら10名が預けられ、謹慎生活を送っていました。

元禄16年2月4日(1703年3月20日)、幕府から切腹の沙汰が通知され、その日のうちに全員が切腹し、浪士たちは、江戸高輪の泉岳寺(曹洞宗)に葬られています。

「大石良雄外十六人忠烈の跡」碑は平成10年、東京都港区教育委員会が設置したもの。
私有地のため、門外からの見学のみとなります。

港区高輪地区総合支所横にある旧細川邸のシイは、熊本藩細川家下屋敷にあった巨木が現存するもの。

大石良雄外十六人とは!?

1. 大石内蔵助(良雄)
2. 吉田忠左衛門(兼亮)
3. 原惣右衛門(元辰)
4. 片岡源五右衛門(高房)
5. 間瀬久大夫(正明)
6. 小野寺十内(秀和)
7. 間喜兵衛(光延)
8. 礒貝十郎左衛門(正久)
9. 堀部弥兵衛(金丸)
10. 近松勘六(行重)
11. 富森助右衛門(正因)
12. 潮田又之丞(高教)
13. 早水藤左衛門(満尭)
14. 赤埴源蔵(重賢)
15 奥田孫太夫(重盛)
16. 矢田五郎右衛門(助武)
17. 大石瀬左衛門(信清)

大石良雄外十六人忠烈の跡
名称 大石良雄外十六人忠烈の跡/おおいしよしおほかじゅうろくにんちゅうれつのあと
所在地 東京都港区高輪1-6-25
関連HP 港区公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ・都営地下鉄白金高輪駅から徒歩5分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧細川邸のシイ

旧細川邸のシイ

東京都港区高輪1丁目、港区高輪地区総合支所の横(南東側)にある巨木が、旧細川邸のシイ。港区高輪地区総合支所、港区立高松中学校一帯は、熊本藩細川家下屋敷跡で、幹周り8mを超えるスダジイの老木が茂っています。主幹は高さ10mあたりで切断され、下

泉岳寺・赤穂浪士の墓

江戸城松之大廊下で播磨赤穂藩藩主・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が吉良上野介(きらこうずけのすけ)を切りつけた殺傷事件が発端になった「赤穂事件」。四十七士が本所・吉良邸に討ち入りし、本懐を遂げた話は『忠臣蔵』として描かれていますが、その四

泉岳寺・首洗い井戸

泉岳寺・首洗い井戸

東京都港区高輪2丁目、曹洞宗の寺で、赤穂浪士の墓地のある泉岳寺境内にあるのが、首洗い井戸。吉良邸の討ち入りを果たし、本懐成就後、墓前に捧げる前に赤穂浪士が吉良上野介(きらこうずけのすけ=吉良義央)の首級(しゅきゅう)を洗ったとされる井戸が現

泉岳寺・浅野長矩の墓

泉岳寺・浅野長矩の墓

東京都港区高輪2丁目、曹洞宗の寺で、赤穂浪士の墓地のある泉岳寺境内にあるのが、浅野長矩の墓(あさのながのりのはか)。浅野長矩は、江戸城松之大廊下で吉良上野介(きらこうずけのすけ=吉良義央・きらよしひさ)を切りつけた赤穂藩の第3代藩主・浅野内

浅野内匠頭終焉の地

浅野内匠頭終焉の地

東京都港区新橋4丁目、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)のコースでもある日比谷通り沿いにあるのが、浅野内匠頭終焉の地(あさのたくみのかみしゅうえんのち)。陸奥一関藩主・田村建顕(たむらたつあき)の芝愛宕下邸のあった場所で、この地で切腹し

大石良雄外十六人忠烈の跡

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!