素盞雄神社・小塚原富士

素盞雄神社・小塚原富士

東京都荒川区、日光街道沿い、南千住の総鎮守が素盞雄神社(すさのおじんじゃ)。境内にあるのが小塚原富士と呼ばれる富士塚。この塚があることから、一帯が小塚原と呼ばれるようになったという地名の由来で、神が降臨した塚を江戸時代後期に富士塚に変えたもの。

富士講「丸瀧講」が神が降臨したという塚を富士塚に改変

素盞雄神社・小塚原富士
『江戸名所図会』に描かれた瑞光石

延暦14年(795年)、役小角(えんのおずぬ)の弟子・黒珍が、牛頭天王(ごずてんのう=素盞雄大神の本地仏で祇園精舎の守護神)、飛鳥権現が降臨した奇岩・神影面瑞光荊石(しんえいめんずいこうけいせき=瑞光石)を祀ったと伝えられる塚。
富士講の隆盛を背景に、元治元年(1864年)、浅間大菩薩を祀り、小塚原富士塚としています。
この瑞光石は房州石と考えられ、古墳に使われた石の転用とも推測されています。

天保7年(1836年)、斎藤月岑が刊行した江戸の地誌『江戸名所図会』には、飛鳥社・小塚原天王宮あすかのやしろ・こつかはらてんのうぐう/神仏習合時代の素盞雄神社の名称)の境内に瑞光石として描かれています。


塚上には20基もの富士講の講中の奉納碑が残されています。
富士塚に転用したのは、地元の富士講である身禄派の丸瀧講。
有名な駒込富士を築いた駒込富士神社を中心とした講中です。

かつては門前の茶店で疫病除けの麦藁の蛇が土産に売られていたなど、小塚原富士参りの参詣者で賑わいをみせていたのです。
毎年7月1日に『御山開き』が行なわれ、この7月1日の定められた時間のみ登拝が可能。

素盞雄神社・小塚原富士
名称 素盞雄神社・小塚原富士/すさのおじんじゃ・こつかはらふじ
所在地 東京都荒川区南千住6-60-1
関連HP 素盞雄神社公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ日比谷線・JR常磐線・つくばエクスプレス南千住駅、京成千住大橋駅から徒歩8分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 素盞雄神社 TEL:03-3891-8281/FAX:03-3891-0222
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
素盞雄神社

素盞雄神社

都荒川区、南千住の総鎮守が素盞雄神社(すさのおじんじゃ)。延暦14年(795年)、役小角(えんのおずぬ)の弟子・黒珍が、牛頭天王(ごずてんのう=素盞雄大神の本地仏で祇園精舎の守護神)、飛鳥権現が降臨した奇岩・瑞光石(ずいこうせき)を祀って創

駒込富士神社

駒込富士神社

天正元年(1573年)に本郷に築かれた冨士大権現(神仏習合時代の名称)が、加賀藩上屋敷の敷地となったため、寛永5年(1628年)頃、日光御成道沿いの現社地に遷座したのが駒込富士神社。本殿は大きな富士塚の頂きに鎮座しています。駒込富士の斜面に

素盞雄神社・小塚原富士

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!