九品仏駅

九品仏駅

東京都世田谷区にある東急電鉄大井町線の駅が、九品仏駅(くほんぶつえき)。昭和4年11月1日、目黒蒲田電鉄(目蒲電鉄)の二子玉川線(自由ケ丘〜二子玉川間)の開通に伴って開業した駅で、各駅停車(普通列車)のみの停車駅。近年、難読駅名としても注目されています。

九品仏浄真寺の玄関駅は東京を代表する難読駅に

九品仏駅

5両編成で運転される各駅停車(普通列車)ですが、九品仏駅では二子玉川寄りの1両がドアを開けない、ドアカット(ドア締切扱い)を実施。
駅のプラットホームが列車より短い(ホーム有効長が4両分)ため、東急電鉄では唯一のドアカット。
ホームの両端が踏切のため、延長工事ができず、平成30年9月30日に使用開始となったホームドアも有効長に合わせた4両分が設置されています。

駅名は近くにある浄土宗の寺、九品仏浄真寺(くほんぶつじょうしんじ)に由来。
九品仏とは、本来は浄真寺の本堂の対面する3つの阿弥陀堂に祀られる各3体、合計9体の阿弥陀如来像のことで、上品上生(じょうぼん・じょうしょう)、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生という、浄土教における極楽往生の9つの階層を表しています。

九品仏駅
九品仏駅
名称 九品仏駅/くほんぶつえき
所在地 東京都世田谷区奥沢7-20-1
関連HP 東急電鉄公式ホームページ
問い合わせ 自由が丘駅 TEL:03-3724-0842
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
九品仏浄真寺

九品仏浄真寺

東京都世田谷区にある浄土宗の寺、九品仏浄真寺(くほんぶつじょうしんじ)。正式名は九品山唯在念佛院浄真寺ですが、上品堂、中品堂、下品堂の3堂が並び、それぞれに3体ずつ阿弥陀如来像が納められているので、九品仏と呼ばれ、それが寺の通称名、東急電鉄

九品仏駅

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!