オタア・ジュリアの十字架

オタア・ジュリアの十字架

東京都大島町、伊豆大島の南東部、カキハラ磯の北、筆島を眼前にする海岸にあるのがオタア・ジュリアの十字架。慶長17年(1612年)、神津島へ遠島になった家康の側室付きの侍女オタア・ジュリア(ジュリアおたあ)に因んだもの。

オタア・ジュリアの波乱の生涯を偲ぶ十字架

オタア・ジュリア(ジュリアおたあ)は朝鮮の両班(ヤンバン=支配階級)の娘といわれ(出自は定かでありません)、豊臣秀吉の朝鮮出兵・文禄の役で、保護され(当時3歳前後の少女)、キリシタン大名・小西行長の妻・菊姫(洗礼名・ジュスタ) のもとで暮らし、肥後国天草郡志岐(現・熊本県天草郡苓北町志岐)のイエズス会修道院長ペドロ・モレホン神父の洗礼を受けてキリスト教徒に。
関ヶ原合戦後は、駿府城の大奥で、家康側室の侍女になっています。
キリシタン棄教の要求を拒否、家康の側室となることを拒んだなどの罪で、慶長17年(1612年)の天領に対するの禁教令で駿府を追われ、慶長18年(1613年)の伴天連追放之文(バテレン追放令)で遠島となり、伊豆・網代(あじろ)から伊豆諸島の流されました。
伊豆大島で30日間滞在した後、15日間新島で過ごし、さらに神津島へと流刑になっています。

その後は、大坂に暮らし、最後は長崎で余生を送ったとフランシスコ・パチェコ神父の書簡( 1622年2月15日付「日本発信」)にはありますが、神津島の郷土史家が、オタア・ジュリアは神津島で没したと主張したことがあり(「日本発信」が発見される以前です)、神津島もゆかりの島といわれています。
イエズス会、大英博物館が所蔵する宣教師らの書簡からも、網代を発つ際の嘆きなど、オタア・ジュリアの名が数多く見つかっているので、赦免され最後が長崎暮らしだったことは確実視されています。

筆島海岸のことを地元でオタイの浦と呼ぶのは、大島の方言では目上の女性を「ネエ」を付けて呼ぶことから「オタアネエ」が転訛してオタイネになり(地元ではオタア・ジュリアはオタイネと呼ばれています)、さらにオタイになったと推測できます。

海岸に立つ白い十字架は、キリスト教信者の有志が建立したもの。
オタイネ明神と呼ばれる祠もありますが、オタア・ジュリアとは無関係です。

十字架までは、カキハラ磯沿いにある遊歩道を使って到達できますが、大島一周道路・東京都道208号大島循環線沿いの筆島見晴台(駐車場)からも筆島と反対側に遠望できます(このパーキングから遊歩道も伸びています)。

ちなみに桑田佳祐の楽曲に、『夢に消えたジュリア 』があり、歌詞もオタア・ジュリアをオマージュするような内容ですが、たまたま曲を作っているときに「夢に消えたジュリア」という言葉が出てきてもので、後から知って驚いたと話しています。

オタア・ジュリアの十字架
名称 オタア・ジュリアの十字架/おたあ・じゅりあのじゅうじか
所在地 東京都大島町波浮港
電車・バスで 元町港からタクシーで30分
ドライブで 元町港から約17km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 大島町観光課 TEL:04992-2-1446
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
オタア・ジュリアの十字架

オタア・ジュリアの十字架

東京都大島町、伊豆大島の南東部、カキハラ磯の北、筆島を眼前にする海岸にあるのがオタア・ジュリアの十字架。慶長17年(1612年)、神津島へ遠島になった家康の側室付きの侍女オタア・ジュリア(ジュリアおたあ)に因んだもの。オタア・ジュリアの波乱

オタア・ジュリアの十字架

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!