国立能楽堂

国立能楽堂

 東京都渋谷区千駄ケ谷4丁目にある能楽専門の公演場が、国立能楽堂。昭和58年、大江宏(おおえひろし)の設計で竣工。国立劇場と同様に独立行政法人日本芸術文化振興会の運営で、627席を有し、毎月の定例公演のほか、企画公演があります。食事処「向日葵」(ひまわり)、売店「小林能装束」も営業。

毎月の定例公演のほか、企画公演を上演

国立能楽堂

建築も細部に至るまでこだわりがあり、江戸時代の能舞台の規格に沿った、長さ13.5m、斜角26度という橋掛りなどは必見です。
また吸音材などを入れて、通常のコンサートホールでは残響時間3秒なのに対し、国立能楽堂では残響時間が1秒になるよう設計されているのだとか。

食事処「向日葵」は公演のない日はランチタイムだけオープンしていますが、エビフライ定食、ステーキセット、羽衣弁当など手軽な値段で好評です。
公演日にあわせて営業する売店「小林能装束」は、オリジナルグッズ、能楽の稽古用品などを販売。

国立能楽堂
名称 国立能楽堂/こくりつのうがくどう
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1
関連HP 日本芸術文化振興会公式ホームページ
電車・バスで JR千駄ヶ谷駅、都営地下鉄国立競技場駅から徒歩5分。東京メトロ北参道駅から徒歩7分
駐車場 なし
問い合わせ 国立能楽堂 TEL:03-3423-1331
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
国立劇場

国立劇場

東京都千代田区隼町にある独立行政法人日本芸術文化振興会が運営する劇場が、国立劇場。歌舞伎、日本舞踊、演劇用の大劇場、文楽、邦楽、琉球舞踊、小規模な日本舞踊、雅楽、声明、民俗芸能が上演される小劇場があります。落語・漫才などを上演する国立演芸場

新国立劇場

新国立劇場

東京都渋谷区本町1丁目にある劇場が、新国立劇場。全国5ヶ所にある国立劇場のひとつで、オペラ、バレエ、ダンス、演劇など最高水準の舞台を上演する劇場です。次世代育成のため、オペラ研修所、バレエ研修所、演劇研修所を併設しています。世界最高水準の現

国立能楽堂

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!