かっぱ河太郎像

かっぱ河太郎像

東京都台東区松が谷2丁目、かっぱ橋道具街の一角に立つのが、かっぱ河太郎像。平成15年10月、「合羽橋道具街」の誕生90年を記念して、東京合羽橋商店街振興組合が建立したもの。ポケットパークの中、黄金に輝く像高1.5mの像は、かっぱ橋道具街のシンボル的存在になっています。

かっぱ橋道具街のシンボル像は、浅草かっぱ伝説を今に伝える

かっぱ河太郎像

本体はブロンズで、金箔張りが施されたかっぱ河太郎像。
東西に伸びるかっぱ橋本通りと南北に貫くかっぱ橋道具街通りの交差点近く、かっぱ橋道具街通り側に築かれたポケットパークに立っています。
彫刻家で日展会員の西村祐一、工芸作家・北村眞一の制作。

かっぱ橋道具街通りの下を流れる新堀川(暗渠となっています)などの堀割工事を手伝ったとされる河童伝説にちなんだもの。
かっぱ橋本通り(かっぱ橋道具街)沿いに建つ曹源寺(かっぱ寺)が浅草かっぱ伝説発祥の寺で、文化年間(1804年〜1818年)、雨合羽の商人、合羽屋喜八が私財を投じ、新堀川の開削工事を実施した際、工事の難航を見かねた隅田川の河童たちが手伝って、ようやく工事は竣工したと伝えられています。

画像協力/台東区

かっぱ河太郎像
名称 かっぱ河太郎像/かっぱかわたろうぞう
所在地 東京都台東区松が谷2-25-9
関連HP 東京合羽橋商店街振興組合公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ田原駅・入谷駅・つくばエクスプレス浅草駅から徒歩5分。JR上野駅・鶯谷駅から徒歩15分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 東京合羽橋商店街振興組合 TEL:03-3844-1225/FAX:03-3841-5916
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
かっぱ橋道具街

かっぱ橋道具街

東京都台東区、浅草と上野のちょうど中間、南北に貫くかっぱ橋道具街通りを中心に、料理関連の道具店が集中する一帯が、かっぱ橋道具街。東京メトロ銀座線田原町駅近くの浅草通り菊屋橋交差点から言問通りまでを結ぶ1kmの通りに、200軒もの店が並んでい

曹源寺(かっぱ寺)

曹源寺(かっぱ寺)

東京都台東区松が谷、かっぱ橋本通り(かっぱ橋道具街)沿いに建つのが曹源寺。浅草かっぱ伝説発祥の寺で、かっぱ寺とも呼ばれています。天正16年(1588年)、江戸・和田倉門近くに創建、天正19年(1591年)の江戸城拡張で湯島に移り、さらに明暦

かっぱ河太郎像

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!