小平ふるさと村・開拓当初の復元住居

小平ふるさと村・開拓当初の復元住居

東京都小平市天神町、西武新宿線の小平駅と花小金井駅の中間、線路沿いに広がるのが小平ふるさと村。玉川上水の開削で武蔵野台地に開かれた新田村落が小平で、江戸時代の姿を偲ばせる開拓農家を復元したのが、開拓当初の復元住居です。

小川村の開拓農家を復元

2人で暮らす開拓農家で、間口3間半、奥行2間の上屋の外側に、3尺の下屋(げや=母屋に付属した片屋根)が付随しています。
広さは43.66平米(13坪)ほどで、現代風にいえば2DKほどの広さがあります。

小平の開発を主導した開発名主・小川家に残る『小川家文書』(東京都の有形文化財)に「間口を広く、奥行きを狭く建て、建方は丸太の柱を掘立にし、藁または茅麦藁(かやむぎわら)などで屋根を葺き、細竹を編んだ床、あるいは籾殻(もみがら)、藁屑(わらくず)等を敷きその上に莚(むしろ)、を敷く。木材は、桁・梁は松、柱は栗材を使用。外壁は茅、麦藁で囲ったもの」と記され、それを基本にして、同じ材料を使って往時の農家を復元しています。

開拓当初の復元住居の前には茶垣、肥溜め、畑、桑畑、堆肥床が配され、水車小屋も移築されています。

小平ふるさと村・開拓当初の復元住居
名称 小平ふるさと村・開拓当初の復元住居/こだいらふるさとむら・きかいたくとうしょのふくげんじゅうきょ
所在地 東京都小平市天神町3-9-1
関連HP 小平ふるさと村公式ホームページ
電車・バスで 西武鉄道小平駅から徒歩20分、花小金井駅から徒歩25分
駐車場 なし
問い合わせ 小平ふるさと村 TEL:042-345-8155/FAX:042-345-8155
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
小平ふるさと村・旧小平小川郵便局舎

小平ふるさと村・旧小平小川郵便局舎

東京都小平市天神町、西武新宿線の小平駅と花小金井駅の中間、線路沿いに広がるのが小平ふるさと村。玉川上水の開削で武蔵野台地に開かれた新田村落が小平で、往時の姿を偲ばせる4棟の建物が移築保存されています。そのうちのひとつが旧小平小川郵便局舎です

小平ふるさと村・旧神山家住宅主屋

小平ふるさと村・旧神山家住宅主屋

東京都小平市天神町、西武新宿線の小平駅と花小金井駅の中間、線路沿いに広がるのが小平ふるさと村。玉川上水の開削で武蔵野台地に開かれた新田村落が小平で、移築復元された4棟のうちのひとつが、旧神山家住宅主屋。江戸時代後期に小金井から廻り田新田に移

小平ふるさと村・水車

小平ふるさと村・水車

東京都小平市天神町、西武新宿線の小平駅と花小金井駅の中間、線路沿いに広がるのが小平ふるさと村。玉川上水の開削で武蔵野台地に開かれた新田村落が現在の小平市で、玉川上水からの分水を利用して回したのが水車です。平成4年に水車小屋を開拓当初の復元住

小平ふるさと村・開拓当初の復元住居

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!