観音寺築地塀

観音寺築地塀

東京都台東区谷中5丁目、谷中霊園の西にある真言宗豊山派の寺が、観音寺。観音寺(当時は長福寺)は、明和9年(1772年)の火災で焼失、文政年間頃の再興時に築かれたのが現存する観音寺築地塀(かんのんじついじべい)で、国の登録有形文化財に指定されています。

谷中寺院群のシンボル的な風景に出会う

観音寺境内の南側、延長37.6mに渡って巡らされる練り塀が、観音寺築地塀。
瓦と粘土を交互に積み重ねて造り、潜り戸が1ヶ所設けられています。
瓦を入れるのは、防火性と耐久性を高めるため。
往時には境内の東面と南面に配されていましたが、南面のみ現存、谷根千エリア(谷中・根津・千駄木エリア)を代表する立ち寄りスポットになっています。

観音寺は、赤穂浪士四十七士の近松行重 (ちかまつゆきしげ)、奥田行高(おくだゆきたか)は、観音寺6世・朝山(ちょうざん/当時は長福寺)の兄弟で、赤穂浪士ゆかりの寺ともなっています。

ちなみに江戸時代、江戸代表する寺町だった谷中は、明暦3年(1657年)の明暦の大火後の寺院敷地割替で、日本橋周辺の寺が谷中に移転したのが始まり。
60ほどの寺が現存して寺町を形成、昔ながらの街路を残した貴重なエリアになっています。
その谷中寺町群のシンボル的存在が、この観音寺築地塀なのです。

近くには山岡鉄舟が明治16年に建立した全生庵(山岡鉄舟の墓)もあります。

観音寺築地塀
名称 観音寺築地塀/かんのんじついじべい
所在地 東京都台東区谷中5-8-28
関連HP 谷中観音寺公式ホームページ
電車・バスで JR・京成線日暮里駅、東京メトロ千駄木駅から徒歩6分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 谷中観音寺 TEL:03-3821-4053/FAX:03-3821-7416
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
谷中霊園

谷中霊園

東京都台東区谷中7丁目、JR日暮里駅の西側、約10haという広大な敷地を有する都立霊園が、谷中霊園(やなかれいえん)。かつては天王寺(江戸時代後期までは感応寺)境内の一部で、明治7年に東京都の管理となり、今は約7000基の墓がある一般墓地と

全生庵(山岡鉄舟の墓)

全生庵(山岡鉄舟の墓)

東京都台東区谷中5丁目にある臨済宗国泰寺派の寺が、全生庵(ぜんしょうあん)。明治16年、山岡鉄舟(山岡鉄舟)が明治維新に殉じた人々の菩提を弔うために創建した寺で、境内には山岡鉄舟の墓もあります。本尊は、江戸城の守り本尊だった葵正観世音菩薩。

観音寺築地塀

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事