数馬隧道

数馬隧道

東京都西多摩郡奥多摩町白丸、多摩川が数馬峡と呼ばれる白丸ダム(しろまるだむ)の上流、国道411号が白丸トンネルで抜けるトンネルの南、多摩川沿いの旧道にあるのが、数馬隧道。大正12年、馬車道として開削された素掘りのトンネルで、トンネルの完成で山越えの苦難から解放されました。

大正5年に完成した青梅街道の隧道

数馬の切通し
数馬の切通し・数馬隧道周辺MAP

白丸(現在のJR青梅線・白丸駅周辺)〜氷川(現・奥多摩駅周辺)の間の青梅街道(大菩薩峠越え)は、多摩川沿いが峡谷となっているため道が開削できず、山越えの難路(本仁田山から多摩川に伸びるゴンザス尾根の根岩越え)だったため、元禄年間(1688年〜1704年)に数馬の切通しが開削、山越えの道は少し軽減されていますが、馬車などを通すにはまだまだ難しい険路でした。
その後、宝暦年間(1751年〜1764年)、嘉永年間(1848年〜1854年)と白丸集落側の道は改良を重ねましたが、切通しを使った山道という抜本的な問題は残されていました。

全長11m、幅員4.8m、高さ3.5mの洞門で、開通当初は「数馬の石門」と呼ばれて絵葉書にもなっています。
昭和48年に白丸トンネル(現・国道411号)が完成したため、メインルートは白丸トンネルに譲って、遊歩道の扱いに(白丸トンネルの両側の入口横に車止めがあり、旧道が遊歩道になっています)。

数馬隧道
名称 数馬隧道/かずまずいどう
所在地 東京都西多摩郡奥多摩町白丸
電車・バスで JR白丸駅から徒歩15分
ドライブで 圏央道日の出IC、青梅ICから約24km
駐車場 タイムズ奥多摩白丸観光駐車場(16台/有料)
問い合わせ 奥多摩町観光案内所 TEL:0428-83-2152/FAX:0428-83-2789
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
数馬の切通し

数馬の切通し

東京都西多摩郡奥多摩町白丸、多摩川が数馬峡と呼ばれる白丸ダム(しろまるだむ)の上流、国道411号が白丸トンネルで抜けるトンネル上部にある大正時代までの旧青梅街道の切通しが、数馬の切通し。元禄16年(1703年)から3年を費やし、苦労の末に開

数馬峡(数馬峡遊歩道)

数馬峡(数馬峡遊歩道)

東京都西多摩郡奥多摩町白丸、多摩川に築かれた東京都交通局の白丸ダム(白丸調整池ダム)の上流部が数馬峡(かずまきょう)。JR青梅線白丸駅側から峡谷にかかる数馬峡橋を渡った右岸(上流から見て)には、大多摩ウォーキングトレイルの一部でもある数馬峡

白丸ダム(白丸調整池)

白丸ダム(白丸湖)

東京都西多摩郡奥多摩町白丸、多摩川の鳩ノ巣渓谷上流部にある東京都交通局の発電専用ダムが、白丸ダム(しろまるだむ/正式名は白丸調整池ダム)。ダム湖が白丸湖(白丸調整池)で、4月~11月の土・日曜、祝日(夏休み期間は毎日)ならダム堰堤内部を見学

白丸魚道

白丸魚道

東京都西多摩郡奥多摩町白丸、多摩川の鳩ノ巣渓谷上流部にある東京都交通局の発電専用ダムが、白丸ダム(しろまるだむ/正式名は白丸調整池ダム)。ダムの完成で、魚が遡上できなくなることを解消するために設けられた魚専用の遡上ルートが白丸魚道です。白丸

数馬隧道

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!