蒲田駅・モヤイ像

蒲田駅・モヤイ像

東京都大田区蒲田5丁目、蒲田駅東口駅前広場のロータリーにあるのが、モヤイ像。モヤイ像は、モアイ像を真似て、新島で特産の抗火石を使って造られる像。昭和59年6月24日に、蒲田東口商店街と新島村の友好の記念に、新島観光PRの一環として寄贈されたものです。

昭和59年に設置されたモヤイ像

蒲田駅前の再開発の際に設置されたモヤイ像、かつては2体ありましましたが、現在では1体のみ。
もう1体(女の子の像)は平成元年7月、モニュメント「上昇気流」完成で撤去され、長らく大田区役所の駐車場横で放置されていましたが、テレビ番組『所的蛇足講座』(福岡放送制作)を通じて日本各地に貰い手を募集し、平成11年2月に青森県西津軽郡深浦町の「ウェスパ椿山」(令和2年10月閉鎖)に移設されています。

ちなみに新島のモヤイ像は、東京オリンピック(昭和39年)の終了後、新島の大後友一さんが島お越しの起爆剤として、新島特産の抗火石を使い、「流人のオンジイ」(男性の流人)を制作したのが始まりです。
モヤイは、イースター島のモアイをもじったものではなく、島に伝わる共助の精神「もやい」に由来するのだとか。

東京都内では蒲田駅のほか、渋谷駅前、竹芝桟橋の「ニューピア竹芝」、お台場海浜公園にもモヤイ像が設置されています。

新島のモヤイ像
蒲田駅・モヤイ像
名称 蒲田駅・モヤイ像/かまたえき・もやいぞう
所在地 東京都大田区蒲田5-16-9
電車・バスで JR・京急蒲田駅からすぐ
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
渋谷駅・モヤイ像

渋谷駅・モヤイ像

東京都渋谷区道玄坂1丁目、渋谷駅の南改札側、ロータリー(バスのりば)に面して立っているのが、新島(にいじま)から寄贈を受けたモヤイ像。昭和55年に新島村から寄贈された像で、ハチ公ほど有名ではないため、見つけやすいという利点から、学生サークル

お台場海浜公園・モヤイ像

お台場海浜公園・モヤイ像

東京都港区台場1丁目、レインボーブリッジを眺めるお台場海浜公園にあるのが、モヤイ像。デックス東京ビーチ前のおだいばビーチ、マリンハウス近くに置かれた像で、お台場のレクリエーション水域を目の前に、モヤイ像が設置されています。モヤイ像の背後には

竹芝ふ頭公園・モヤイ像

竹芝ふ頭公園・モヤイ像

東京都港区海岸1丁目、竹芝ふ頭公園、ニューピア竹芝サウスタワー(一階が竹芝客船ターミナル)前にあるのが、モヤイ像。竹芝ふ頭には、東海汽船の伊豆諸島への船が出航する竹芝桟橋があり、新島でつくられたモヤイ像が、東京の海の玄関口として竹芝ふ頭公園

蒲田駅・モヤイ像

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!