千鳥ヶ淵ボート場

千鳥ヶ淵ボート場

東京都千代田区三番町、江戸開府当時、水を確保するためのダムとして機能していたというのが江戸城の千鳥ヶ淵。今では、東京屈指の桜の名所として知られ、千鳥ヶ淵緑道も整備されますが、千代田区営の千鳥ヶ淵ボート場でボートを借りれば、ボートの上からお花見も可能。夏は夕涼みにも絶好です。

『千代田のさくらまつり』時には、夜間特別営業も実施

千鳥ヶ淵ボート場

桜のシーズン(3月中旬〜4月中旬)は人気のため、ボート料金もアップしますが、「ボートに乗った人にしか分からない、季節ごとの千鳥ヶ淵が楽しめる」(千代田区観光協会)とのことで、新緑や、紅葉シーズンなども注目。
月曜休(月曜が祝日の場合、翌日以降の平日を定休日に)という休みが設定されていますが、混雑時にはかなりの待ち時間があります。
例年12月〜3月は休業。
『千代田のさくらまつり』で、千鳥ヶ淵緑道の桜ライトアップ時には、ボートの夜間特別営業も実施されています。

手こぎボート(ロウボート)、サイクルボートの2タイプで、昼前から14:00頃は比較的空いているとか。
桜の開花期は、満開以降は混雑するので、満開前、咲き始めが狙い目。

千鳥ヶ淵ボート場
名称 千鳥ヶ淵ボート場/ちどりがふちぼーとじょう
所在地 東京都千代田区三番町2地先
関連HP 千代田区公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線九段下駅、または、東京メトロ半蔵門線半蔵門駅から徒歩10分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 千鳥ヶ淵ボート場 TEL:03-3234-1948
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

千鳥ヶ淵の桜

江戸時代の江戸城拡張の際に半蔵門と田安門の土橋で塞き止めて造られた水濠。明治33年に道路建設で半蔵濠が誕生しましたがそれ以前はひとつの濠でした。水濠沿いに千鳥ヶ淵緑道が整備され、都内屈指の桜の名所として有名。開花期にはライトアップが実施され

千代田のさくらまつり

千代田のさくらまつり|2019

2019年3月27日(水)〜4月7日(日)、東京都千代田区で『千代田のさくらまつり』が開催されます。期間中は、千鳥ヶ淵沿いに続く全長700mの千鳥ヶ淵緑道の桜のLEDライトアップ(電力は太陽光で発電)や「区営千鳥ヶ淵ボート場」の夜間営業(期

東京でボート遊び 全10ヶ所紹介

東京でボート遊び 全10ヶ所紹介

東京23区内でボート遊びができるのは10ヶ所。千鳥ヶ淵や不忍池、井の頭池は有名ですが、最も歴史を誇るのは意外にも武蔵関公園(練馬区)。ロウボート、サイクルボート、スワンボートが揃う都立公園、安さが自慢の区立公園と、環境と好みに合わせて利用可

千鳥ヶ淵公園

千鳥ヶ淵公園

東京都千代田区三番町、江戸開府当時、牛ヶ淵とともに江戸城の飲料水を確保するための水源ダムとして造成されたのが千鳥ヶ淵。他の水堀とともに江戸城防御の役割を担っていました。現在では、千鳥ヶ淵公園として、千鳥ヶ淵緑道、千鳥ヶ淵ボート場が整備され、

千鳥ヶ淵緑道

千鳥ヶ淵緑道

東京都千代田区三番町、江戸開府当時、牛ヶ淵とともに江戸城の飲料水を確保するための水源ダムとして造成されたのが千鳥ヶ淵。大正8年、千鳥ヶ淵公園が開園し、昭和54年、千鳥ヶ淵緑道が整備され、散策にも最適な公園に進化しています。緑道はかつて路面電

千鳥ヶ淵ボート場展望台

千鳥ヶ淵ボート場展望台

東京都千代田区三番町、桜の名所として知られる千鳥ヶ淵公園の千鳥ヶ淵ボート場(管理棟)屋上部分を利用した展望台が、千鳥ヶ淵ボート場展望台。千鳥ヶ淵沿い、かつての路面電車(九段線)の廃線跡を利用した千鳥ヶ淵緑道途中にあり、千鳥ヶ淵随一の絶景スポ

千鳥ケ淵戦没者墓苑

千鳥ケ淵戦没者墓苑

東京都千代田区三番町にある日本政府が設置した戦没者慰霊施設が、千鳥ケ淵戦没者墓苑。日中戦争および太平洋戦争の戦没者の遺骨のうち、遺族に引き渡すことができなかった遺骨を安置する墓地公園で、34年3月28日に竣工、環境省の所管となっています。政

千鳥ヶ淵ボート場

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!