浅草寺本尊示現会「金龍の舞」奉演|台東区

金龍の舞

毎年3月18日、東京都台東区の浅草寺で浅草寺本尊示現会「金龍の舞」奉演が行なわれます。寺伝によれば、推古天皇36年(628年)3月18日に、宮戸川(現在の隅田川)から浅草寺の本尊観世音菩薩が出現したといわれるこの日を記念し、浅草寺では示現会としての法要を行ない、当日「金龍の舞」が奉納されます。

金龍山の山号に由来する浅草寺縁起にちなんだ舞

金龍の舞

「金龍の舞」は、福聚の舞(七福神の舞・宝の舞/2月節分=七福神の舞奉演、5月5日=宝の舞奉演)、白鷺の舞(4月第2日曜日、5月三社祭、11月3日に奉演)とともに浅草寺寺舞(せんそうじじまい)のひとつで、仏法守護の龍神が観音示現の折、金麟を輝かせたという金龍山の山号に由来する浅草寺縁起にちなんだもの。

観音菩薩の縁日である18日の8にちなみ、金龍は長さ18m、重さ88kgで、8名によって操られます。
観音菩薩を象徴する「蓮華珠」を先頭に、観音菩薩を守護する「金龍」が仲見世や境内を練り歩き、参拝者から歓声や拍手が沸き起こります。
法要は14:00〜。
「金龍の舞」奉演は例年3回ほど行なわれています。
ちなみに「金龍の舞」は、昭和33年、本堂再建を記念して創始奉納されたものです。

浅草寺本尊示現会「金龍の舞」奉演|台東区 DATA

浅草寺本尊示現会「金龍の舞」奉演|台東区
開催日 毎年3月18日
関連HP 浅草寺公式ホームページ
所在地 東京都台東区浅草2-3-1
場所 浅草寺
電車・バスで 東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩10分
ドライブで 首都高速入谷ランプから約2.3km。または、首都高駒形ランプから約500mで台東区雷門地下駐車場
駐車場 台東区雷門地下駐車場(200台/30分ごとに200円)
問い合わせ 浅草寺 TEL:03-3842-0181
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

画像協力/台東区

金龍の舞

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!