鈴ヶ森刑場

鈴ヶ森刑場

江戸の入口には東海道沿いの鈴ヶ森刑場(現・東京都品川区南大井)と日光街道沿いの小塚原刑場(荒川区南千住2丁目)、八王子・浅川河原(八王子市大和田町)の大和田刑場と3ヶ所の処刑場がありましたが、慶安4年(1651年)に東海道沿いに設置された刑場が鈴ヶ森刑場。第一京浜(国道15号)の傍らに刑場跡が残されています。

八百屋お七や天一坊がここで処刑された!

鈴ヶ森刑場

高輪大木戸から慶安4年(1651年)に鈴ヶ森に移され、明治3年に閉鎖されるまで10万人とも20万人ともいわれる罪人が処刑されたといわれていますが、実数は定かでありません。
東海道沿いに設置されているのは、見せしめによる犯罪抑止効果を狙ってのこと。

往時の刑場の大きさは、間口40間(72m)、奥行き9間(16.2m)の大きさ。

最初の処刑者は、慶安4年(1651年)に勃発した由比正雪の乱(慶安の変=江戸幕府の転覆を図った事件)の首謀者のひとり丸橋忠弥(まるばしちゅうや)の磔刑とされ、 慶安4年8月10日(1651年9月24日)のこと。

その後、井原西鶴の『好色五人女』などに脚色されて取り上げられる八百屋お七、辻斬りで130人も斬殺した白井権八、「美貌の悪女」として有名な白子屋お熊、徳川吉宗の落胤(らくいん)と称して浪人を集めた天一坊事件の主人公・天一坊など、今に名を残す多くの罪人が処刑されています。

最後の処刑は有栖川宮熾仁親王を狙い、池上本門寺前の霊山橋(りょうぜんばし)で斬首にされ、首だけ鈴ヶ森刑場にさらされた彰義隊士・渡辺健蔵で明治元年のこと。

人の死骸に群がる野犬などが集まり、その陰惨な光景からこの場所を嫌う人は、青物横丁で池上道(平間街道)に出て、南品川から高輪に出る道を選びました。

井戸、火炙(ひあぶり)用の鉄柱、磔(はりつけ)用の木柱を立てた礎石などが残され、東京都の史跡となっています(ただし礎石の位置は移動しています)。

現在と往時でもっとも異なるのは、処刑場だった時代には、海が迫っていたこと。
品川沖では名産の海苔がつくられ、海の中には木の枝(海苔のヒビ)が林立していました。
 

鈴ヶ森刑場 DATA

名称 鈴ヶ森刑場/すずがもりけいじょう
所在地 東京都品川区南大井2-7-3
関連HP 品川区公式ホームページ
電車・バスで 京浜急行大森海岸駅から徒歩5分
ドライブで 首都高速1号羽田線鈴ヶ森ICからすぐ
駐車場 なし
問い合わせ 品川区庶務課文化財係TEL:03-5742-6839/FAX:03-5742-6890
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鈴ヶ森刑場

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!