大手濠

平川門と大手門の間にある江戸城の内濠(内堀)が大手濠(大手堀)。大手とは追手、つまりは玄関(正門)という意味なので、この大手濠のある側が江戸城の正面ということになります。

濠の外側は緑豊かな大手濠緑地

現在も美しく整備され、濠の外側には大手濠緑地が設けられています。昭和15年、紀元2600年記念事業として建立された和気清麻呂像が立っています。

江戸時代には徳川家にもっとも信頼されていた酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)が屋敷を構え、大手門を守っていました。
大手門の外の堀端には下馬札が立っていましたが、その場所が現在の大手門交差点です。

酒井雅楽頭の屋敷は大手門の下馬札前にあったので「下馬将軍」とも称されていました。

皇居東御苑園内図に見る 大手濠

江戸城城内図に見る 大手濠


 

大手濠 DATA

名称 大手濠/おおてぼり
所在地 東京都千代田区千代田1-1
関連HP http://www.kunaicho.go.jp/
電車・バスで 東京メトロ東西線・都営三田線大手町駅から徒歩6分。JR東京駅丸の内北口から徒歩10分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!