皇居東御苑

江戸城の本丸と二の丸、三の丸跡を整備し、昭和43年から一般に公開したのが皇居東御苑。「皇居附属庭園」というのが元来のスタイルで、今も宮内庁の管理です。

松之大廊下での殺傷事件の事件現場も!

江戸城本丸にある天守台

松之大廊下での殺傷事件

見どころは何ヶ所かあり、江戸城正門の大手門脇にある江戸城最大の検問所、百人番所もそのひとつ。守衛にあたっていた同心一組の人数が100人であったので、この名が付いたといわれています。
本来、江戸城の各門には番所が配されていましたが、現存する番所は復元を含めて、同心番所(移築)、百人番所、大番所の3ヶ所にすぎません。

本丸には広大な芝生が広がっていますが、そこが実は御殿や大奥の跡。
『忠臣蔵』で知られる浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が吉良上野介(きらこうずけのすけ)を切りつけた松之大廊下も、それを記した案内板が立っているのみですが、江戸時代の大事件の事件現場だと思うと、感慨深いものがあります。

そんな芝生の奥にはひときわ高い石垣が組まれた場所がありますが、それが天守の建っていた天守台の跡。
江戸城には、徳川幕府の権威を示す意向もあって、日本一大きく、優美な天守が聳えていましたが、火事で焼け落ちてしまい、天守不要の近世へと移行していたため、再建されることはありませんでした。

江戸城本丸への出入りを厳しくチェックした百人番所

復元された二の丸庭園は大名庭園のひとつ

江戸城に天守があったのは、江戸時代初期のわずかな期間で、今も謎が多く残されています。

そんな天守台近くにある香淳皇后の還暦記念として昭和41年に建てられた音楽ホール「桃華楽堂」も、花弁の形の屋根と壁画の描かれた八角形の壁をもつ特徴ある建物です。

天守の代わりをした櫓の富士見櫓も現存していますが、今では江戸城から富士山を眺めることはできません。

3代将軍・徳川家光の時代につくられた池泉回遊式庭園の大名庭園である二の丸庭園も見事ですが、残念ながら復元された庭園です。

また代々皇室に受け継がれてきた美術品など約9500点を収蔵展示する「三の丸尚蔵館」では、企画展も実施されているのでお見逃しなく。

江戸城二の丸庭園

皇居東御苑園内図

 

皇居東御苑 DATA

名称 皇居東御苑/こうきょひがしぎょえん
所在地 東京都千代田区千代田1-1
公式HP http://www.kunaicho.go.jp/
時間 3月1日〜4月14日・9月〜10月は9:00〜16:30(入園は16:00まで)、4月15日〜8月31日は9:00〜17:00(入園は16:30まで)、11月〜2月は9:00~16:00(入園は15:30まで)
休業 月曜(祝日の場合は翌日)・金曜(祝日の場合は開園)休、12月28日〜1月3日休
料金 無料
電車・バスで 東京メトロ丸ノ内線・東西線・千代田線・半蔵門線大手町駅から徒歩5分で大手門。東京メトロ東西線竹橋駅から徒歩5分で平川門、北桔橋門
駐車場 無/北の丸公園第一駐車場(144台・有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 宮内庁TEL:03-3213-1111

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!