浜離宮恩賜庭園

江戸時代、将軍家の別邸、浜御殿が建てられ、6代将軍・徳川家宣(とくがわいえのぶ)が造園を完成させた大名庭園。明治維新後は皇室の離宮となり、浜離宮と呼ばれるように。戦後、都の公園として移管。入口近くの将軍・家宣の大改修を記念して植栽された「三百年の松」は、低く大きく張り出された枝振りから歴史の重みが感じられます。

水門から池へ海水を入れる潮入の大名庭園が現存!

浜離宮恩賜庭園PhotoMap

庭は大きく南北に分かれ、入口に近い北側が明治時代には迎賓館「延遼館」(えんりょうかん=日本初の西洋風石造建築)もあった芝生公園。奥の南側が潮入りの池泉回遊式庭園
潮の干満によって池の水位を変え、庭の景観に変化をつける「潮入の池」は旧芝離宮恩賜庭園、清澄庭園、旧安田庭園などもかつてはそうでしたが、実際に水門から池へ海水を入れているのは、都内でもここだけになってしまいました。

寛永年間(1624年~1644年)までは、一面の芦原で将軍家の鷹狩場だった地。
甲府藩主・徳川綱重(とくがわつなしげ=松平綱重/徳川家光の三男)が1654(承応3)年、将軍家から許しを得て海を埋め立て別邸・甲府浜屋敷を築いたのが始まり。

その後、徳川綱重の嫡男・徳川綱豊(とくがわつなとよ=3代将軍・徳川家光の孫)が6代将軍・徳川家宣になったのを契機に将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました。

その後も将軍家の別邸として機能し、修庭が行なわれて11代将軍・徳川家斉の治世の時に、ほぼ現在の姿になったと推測されています。
園内には庚申堂鴨場と新銭座鴨場という2つの鴨場があり、鴨猟を行なっていました。

明治時代には皇室の離宮「浜離宮」となり迎賓館「延遼館」も建築

明治維新で将軍家の別邸から皇室の離宮「浜離宮」となり、往時の姿を留めていましたが、関東大震災と戦災によって、御茶屋など貴重な建造物が焼失しています。
迎賓館として使われた延遼館は、明治2年、イギリス王子・エジンバラ公アルフレートが来日することが決まったため、浜離宮の旧幕府が建造した海軍施設の石造建築(石室)を改修して迎賓施設としています。

明治12年にはジョサイア・コンドルが大改修し、元米国大統領グラント将軍が延遼館に滞在。明治天皇との会見も行なわれています。
さらに明治17年には延遼館の裏庭において初の天覧相撲が開催されてもいますが、明治25年に早くも老朽化で解体されています。

昭和20年11月3日、東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年4月に開園しています。
貴重な江戸時代の潮入の大名庭園が残されることから、周囲の海面を含めての国の特別名勝、国の特別史跡に指定されています。

ジョサイア・コンドル修築の迎賓館「延遼館」

庭園の見どころ
1 潮入の池

都内では唯一の海水の池。東京湾の水位の上下に従って水門を開閉し、池水の出入りを調節。
池にはボラ、ハゼ、ウナギなどが生息。

庭園の見どころ
2 お伝い橋と中島の御茶屋

潮入の池の岸と中島を結ぶ、お伝い橋。中島には抹茶を楽しむことができる「中島の御茶屋」(昭和58年再建)があります。

庭園の見どころ
3 三百年の松

庭園の見どころ
4 お花畑

春は菜の花、秋にはキバナコスモスが咲き誇ります。
ボタン園には60種約800株が植栽されています。

庭園の見どころ
5 将軍お上がり場

江戸時代、将軍が隅田川から浜御殿に来訪の際、舟遊びをして休息のために立ち寄った際の接岸場所。
鳥羽伏見の戦いに敗れた最後の将軍・徳川慶喜は会津藩主・松平容保、桑名藩主・松平定敬の兄弟を伴って、開陽丸で江戸湾に帰港し、カッターでここに上陸しています。

庭園の見どころ
6 大手門橋&内堀

江戸時代の浜御殿は、将軍の別邸ですが、将軍の上陸場所でもあり、いざという時の海上脱出口としても機能したと考えられます。
それで大手門が設置され、江戸城と同様に防備に優れた枡形門が配されていました。

現在の浜離宮恩賜庭園の門の部分に立派な石垣と広場(枡形跡)が残されるのはそのためです。
この浜御殿、江戸城の出城としての意味合いもあったと推測されています。

大手門橋

内堀

広重の浮世絵で知る 浜御殿

歌川広重『名所江戸百景 芝うらの風景』
1856(安政3)年頃の浜御殿周辺。左の棒は御留杭と呼ばれる浅海域を知らせるための航標。
芝肴(しばざかな)と称する江戸前の美味しい魚の捕れることで有名で、浜御殿の前にも漁船が描かれています。
沖合には江戸湾防備のために築かれた第六台場、第五台場、第一台場なども描かれています。

歌川広重『名所江戸百景 芝うらの風景』

江戸切絵図に見る 浜御殿

 

浜離宮恩賜庭園 DATA

名称 浜離宮恩賜庭園/はまりきゅうおんしていえん
所在地 東京都中央区浜離宮庭園1-1
公式HP http://www.tokyo-park.or.jp/
時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
休業 12月29日~1月1日休
料金 大人300円、65歳以上は150円、小学生以下無料
電車・バスで JR新橋駅から徒歩12分。または、都営地下鉄大江戸線汐留駅、築地市場駅から徒歩7分。
ドライブで 首都高速汐留ランプから約300m(1分)
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ TEL:03-3541-0200

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!